atelier m4(長野)
《信州の木を生かす『atelier m4』のこと》

信州の静かな山あいにひっそりとしかし、どっしりと佇む工房があります。そこには笑顔の本当に素敵な3代目の前田純一氏と、大切な繋げていくべき技を継承し、さらに、今をしっかりと捉えた4代目の前田大作氏の姿がとても印象的でした。歴史ある江戸差物・前田木藝工房の4代目が新たに生み出したものたち…それが『atelier m4』にぎゅっと詰まっています。

すべての木に対する思いや生きている木を命として存分に生かす心が生み出されるすべてのものに感じられ感動に変わる…。丁寧なその仕事からは、職人気質をしっかりと感じます。
それなのに、人柄を現すようなやさしい作品の数々…。本物というものはこういうものなのだろうと感じられずにはいられないのです。ぜひお使いいただきたいモノたち、きっと感動をお分けできると確信しております。

【前田 大作】

 前田木藝工房四代目。空間デザイナーとして勤務後、前田純一に師事。現在、展覧会や個人顧客からの注文制作により制作活動を展開している。2007年に前田木藝工房から立ち上げたatelier m4ではあたらしい木工品制作のあり方を提案。県内製造業としては唯一経産省の地域資源活用プログラムに認定され、信州カラマツをつかった家具の開発をしている。アトリエ・エムフォオ株式会社代表取締役。長野県針葉樹家具開発研究会参加。松本市都市計画策定委員。

atelier m4(長野)

TOP >>